“割出”の読み方と例文
読み方割合
わりだ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
墓塲掃除男衆くるまでけば、和尚さま經濟より割出しての御不憫かゝり、は二十からうてともなき心得ながら
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
徳川家康と云うようながあって、ソレから割出して聞た所が、今の通りの答に驚いて、是れは不思議と思うたことは今でもく覚えて居る。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
殺人罪らずしも或見ゆべき原因によりて成立つものにあらざるなり、らずしも酬報理論くは勸善懲惡算法より割出るものにあらざるなり
「罪と罰」の殺人罪 (旧字旧仮名) / 北村透谷(著)