“殺人罪”の読み方と例文
読み方割合
さつじんざい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「とんでもない、そいつはこまるよ、きみ。そんなものをふりまわして、相手が運わるく死んでみたまえ、殺人罪になってしまうよ」
殺人罪らずしも或見ゆべき原因によりて成立つものにあらざるなり、らずしも酬報理論くは勸善懲惡算法より割出るものにあらざるなり
「罪と罰」の殺人罪 (旧字旧仮名) / 北村透谷(著)
して義士一撃れたりとかば事理分明にして面白かるべしと殺人罪は、この規矩にはれながら、なほ幾倍面白味へてあるなり。
「罪と罰」の殺人罪 (旧字旧仮名) / 北村透谷(著)