“殺人”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ひとごろし64.0%
さつじん32.0%
ころし4.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“殺人”を含む作品のジャンル比率
文学 > 英米文学 > 戯曲11.1%
文学 > 英米文学 > 小説 物語(児童)10.5%
文学 > ロシア・ソヴィエト文学 > 小説 物語9.5%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「狼どころかもっと怖い、山窩だっているのでございますよ。放火ひつけと泥棒と殺人ひとごろしと、三つを兼ねた山窩がね」
任侠二刀流 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「邪悪——そうだ、女をとりわけ憎んだっけ。……強盗おしこみ放火ひつけ殺人ひとごろし、ありとあらゆる悪業を働いた野郎だ」
猿ヶ京片耳伝説 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
はじめに下宿げしゅく放火ほうか、つぎに、古着屋ふるぎやでおそろしい殺人さつじんをやりかけている。
したがつて殺人さつじん動機どうきは、怨恨えんこん痴情ちじょうなどだろうという推定すいていがついたが、さて現場げんばでは
金魚は死んでいた (新字新仮名) / 大下宇陀児(著)
元飯田橋もといいだばし丁子風呂ちょうじぶろの女殺しは、物馴れた役人、手先もたった一目で胸を悪くしました。これほど残酷で、これほど巧妙で、これほど凄い殺人ころしは滅多にあるものではありません。