透明人間とうめいにんげん
怪物! そうだ、怪物にちがいない。 怪物でなくて、なんだろう?科学が発達した、いまの世の中に、東洋の忍術使いじゃあるまいし、姿がみえない人間がいるなんて、これは、たしかに変だ。奇怪だ! しかし、それは、ほんとうの話だった。怪物ははじめに、も …
作品に特徴的な語句
きょう いか ぎた びょう 昼食ちゅうしょく しゅん ぱつ 日中にちじゅう しょ しょう てき うし 児童じどう うた 部屋じぶん 表通おもてどお 帰宅きたく ぷん 家中いえじゅう 放火ほうき ぱな 心地ごこち たま 失敗しっぱい よく いきお 大通おおどお 人前ひとまえ はい たたか 客室きゃくしつ 真実しんじつ ゆう ぐら 出入でい 旅館りょかん あじ 街路がいろ 消印けしん 連中れんちゅう ふり 商人しょうにん 教授きょうじゅ 放火ほうか 狂人きょうじん ふな ぱら 酒場さかば せん 習慣しゅうかん 草原そうげん きょう ぐみ ぬの 手段しゅだん 出会であ 手配てはい かご きょく がい いん ゆび はや 食物しょくもつ ばなし うしな ねつ そら 人数にんずう 朝食ちょうしょく 服装ふくそう 客間きゃくま がい てん てき めん 衣類いるい きず 便びん つう げき 消化しょうか 工夫こうふ うば くる 調合ちょうごう たび 夫人ふじん