“消印”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
スタンプ42.9%
けしいん28.6%
けしん14.3%
スタムプ14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“消印”を含む作品のジャンル比率
文学 > 英米文学 > 小説 物語(児童)5.3%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
健は、何十通の古手紙を出してみて、漸々やうやう一枚、消印スタンプはづれてゐる郵券を見つけ出した。
足跡 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
葉書を持つてゐた福富は、この時『日附は昨日の午前六時にしてありますが、昨日の午前六時なら丁度此村こゝから立つて行つた時間ぢやありませんか。そして消印スタンプは今朝の五時から七時迄としてありますよ。矢張今朝○○を立つ時書いたんでせうね。』と言つた。
葉書 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
また大婚式記念郵便切手の発行せられし時都人各近鄰の郵便局に赴き局員にひて、記念当日の消印けしいんを切手になつせしむ。
礫川徜徉記 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
消印けしいんの時間を見ると、きょう朝のうちに出した速達だった。
消印けしんはヒントンディーンきょく
当局に申告して消印スタムプのハッキリせぬ集配局を全国に亘って調べ出してくれると云っておったが……
二重心臓 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
それがソノ……タッタ一通なんだ。僕はよく見なかったが、司法主任の横からチョット覗いてみると普通の封緘ふうかんハガキに下手な金釘かなくぎ流でバラリバラリと書いたものじゃったよ。表書うわがきは単に大森山王、轟九蔵様と書いて、差出人の処書ところがきも日附も何もない上に、消印スタムプがドウ見てもハッキリわからん。
二重心臓 (新字新仮名) / 夢野久作(著)