陰獣いんじゅう
私は時々思うことがある。探偵小説家というものには二種類あって、一つの方は犯罪者型とでも云うか、犯罪ばかりに興味を持ち、仮令推理的な探偵小説を書くにしても、犯人の残虐な心理を思うさま書かないでは満足しない様な作家であるし、もう一つの方は探偵型 …
作品に特徴的な語句
タダチ マッタ ぎら ソレ なじ コウム トコロ ナオ 京都キョウト じょう わずらい げん 上京カミギョウ ムネ とどま 甘美かんみ ゆすぶ ごん わずらわ ひやや ぞう ごしら げん アラ いず 此間このあいだ おこな こうむ ひそ など 大津オオツ オイ せい 無気むげ きっ 帰途きと おも すご あわた とど なつか 金箔キンパク ソノ 入水にゅうすい 独身ひとりもの ココ しん がた ただ ただ 説明ときあ うち どき 幾何きか うたぐ むな 引返ひきかえ 生温なまあたたか つう つらな あるい ぜん えら はじ 出入しゅつにゅう けん うしろ 上部うえ あが えん 煤掃すすはき こまか もと はば 借家しゃっか 偶々タマタマ わき きたな 仇敵あだがたき けん きわ 細々ほそぼそ にく 膳立ぜんだ かつ おぼ