“經師屋”の読み方と例文
新字:経師屋
読み方割合
きやうじや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
田原町の經師屋東作、四十年輩の氣のきいた男ですが、これが描き菊石の東作といはれた、稀代の兇賊と知る者は滅多にありません。
が同じ屋敷に出入中の、久吉と言ふ經師屋と、用人の檜木官之助といふのが、それを嗅ぎ出し、長い間私をかし、三千兩を奪ひ取らうとして居る。
一軒は經師屋。下職の九郎七、三十過ぎのちよいとした男ですが、貧乏業平で、大したことは出來ません。