“きやうじや”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
經師屋80.0%
経師屋20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一軒は經師屋。下職の九郎七、三十過ぎのちよいとした男ですが、貧乏業平で、大したことは出來ません。
「娘にちよつかひを出してゐる經師屋の吉三郎の野郎だつて娘から聞いてゐないとは言はれません」
観世新路経師屋があの川へ障子を洗ひに行つてゐると、突然よりきつきて、無暗にくすぐり立てるものあり。
雑筆 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)