雑筆ざっぴつ
竹田 竹田は善き人なり。ロオランなどの評価を学べば、善き画描き以上の人なり。世にあらば知りたき画描き、大雅を除けばこの人だと思ふ。友だち同志なれど、山陽の才子ぶりたるは、竹田より遙に品下れり。山陽が長崎に遊びし時、狭斜の遊あるを疑はれしとて …
作品に特徴的な語句
こもごも へい 料理れう ぐわ けだし 大分おほいた 一寸いつすん おのづか 老嫗らうう 工場こうじやう しも くわん いたづら 恰好がつかう ことごとく 翻弄ほんらう 何人なにびと てう いう らい いはく たひら くわ みづか ほほ ことな あひだ かつて 紅葉こうえふ さふらふ へん にぎやか わづか かへ すなはち とほ てう ぜん 芭蕉ばせう おのれ 姉妹しまい 往来わうらい うしろ 好悪かうを だい 悪戯いたづら いささか 羽毛うまう うち つひ こまか ゑが つまびらか ごと いやし 旅宿りよしゆく 筋斗きんと いまだ がら 梧桐あをぎり たまたま あが 作為さくゐ 鬼灯ほほづき たい ほとんど 仰向あふむ まばら 消息せうそく あらは 今日けふ 悟入ごにふ 猶更なほさら はま 川上かはかみ なほ 狭斜けふしや たくみ 差支さしつか 玄米げんまい 希臘ギリシヤ 玩具おもちや 良寛りやうくわん 舞妓まひこ 珈琲コオヒイ ひそ 自家じか のち 滅多めつた はなはだ 田舎ゐなか 椎茸しひたけ 矛盾むじゆん