“舞妓”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
まいこ78.4%
まひこ18.9%
ぶぎ2.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
物食べる時かて、唇に触らんように箸で口の真ん中へ持って行かんならんよってに、舞妓の時分から高野豆腐で食べ方の稽古するねん。
細雪:02 中巻 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
少し気味が悪くなつたから、そのの相手を小林君に一任して、隣にゐた舞妓の方を向くと、これはおとなしく、椿餅を食べてゐる。
京都日記 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
室宇宏麗後房數百人舞妓綺紈り、金翠む。
唐模様 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)