“舞殿”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ぶでん57.1%
まいどの14.3%
まひでん14.3%
まひどの14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“舞殿”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
舞殿ぶでん東側ひがしわきの一段高い席に、頼朝と政子まさこ居並いならんで彼女を見た。夫妻は、物珍しいものでも見るように、静のしとやかな礼儀を見まもっていた。
日本名婦伝:静御前 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「なんの、忙しい数日はもう過ぎて、明日あすよりは、建水分たけみくまり舞殿ぶでんにて、山田小美濃の申楽一座が、雨乞い神事の一つとして催される。あらまし、準備はできたのだ」
私本太平記:03 みなかみ帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そこには舞殿まいどのがあり絵馬殿えまでんがあり回廊があるか。
夜明け前:04 第二部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
志幾しきの宮の 舞殿まひでんにゆかをならして そでをふる
秋の瞳 (新字旧仮名) / 八木重吉(著)
春よ老いな藤によりたる舞殿まひどのゐならぶ子らよつか老いな
みだれ髪 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)