日本名婦伝にほんめいふでん静御前しずかごぜん
義経はもろ肌を脱いで、小冠者に、背なかの灸をすえさせていた。 やや離れて、広縁をうしろにし、じっと、先刻から手をつかえているのは、夫人の静の前であった。 八月の真昼である。 六条室町の町中とは思えぬほど、館は木々に囲まれている。照り映える青 …
作品に特徴的な語句
何処イズコ がさ さろ こと かくま 容貌かおだち 夫人おくがた しん にん 兄弟はらから 八月やつき しょ 纒頭はなむけ つま しゃ 獄舎ごくしゃ 牛車くるま ちち れん とら 墓標しるし きび 前提まえお かしず わなな ともな かくま おのの じょう 掻抱かきいだ かいな 恍惚うっとり こま じゅん うらみ いか 散々ちりぢり 落人おちゅうど 新宮しんぐうの ゆか 旗下きか 築地ついじ せん しか 東側ひがしわき おぼ ちち うれ 此方こなた 婦道みさお 真紅しんく しず 母様かあさま かわ 雨乞あまご 足跡そくせき 大物だいもつ たぎ くち 瑤々ゆらゆら よろ ろう 清経きょつね ひそ しつ めい かよ ぐう つづみ 粛然しゅくぜん 粮米ろうまい 餓鬼がき 由比ゆい ふもと 直垂ひたたれ まゆ さわ めぐ 風聞ふうぶん 鼻腔びこう おい 経宗つねむね かなえ 一火ひとひ
題名が同じ作品
日本名婦伝:小野寺十内の妻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
日本名婦伝:太閤夫人 (新字新仮名)吉川英治 (著)
日本名婦伝:谷干城夫人 (新字新仮名)吉川英治 (著)
日本名婦伝:大楠公夫人 (新字新仮名)吉川英治 (著)
日本名婦伝:細川ガラシヤ夫人 (新字新仮名)吉川英治 (著)