日本名婦伝にほんめいふでん細川ガラシヤ夫人ほそかわガラシヤふじん
暁からの本能寺の煙が、まだ太陽の面に墨を流しているうちに、凶乱の張本人、光秀の名と、信長の死は、極度な人心の愕きに作用されて、かなり遠方まで、国々の耳をつらぬいて行った。わけても、勝龍寺の城などは、事変の中心地から、馬なら一鞭で来られる山城 …
作品に特徴的な語句
下婢すえ うた 市中まちじゅう むさ 御座おざ いさか まな つま 夫人おく 縁端えんはし きらめ かしず 午餐ひる しち いと ゆだ 良人つま きま 杵築きつき 燈火ともしび おのの さむらい そそ おそ あいだ きん かい ろう かき そむ やわ はずかし まろ かえ 石碑いしぶみ こう みが いくさ 奥方おく たず ひい おろ 恍惚うっとり さち 血腥ちなまぐさ 清々すがすが 潮臭しおくさ 父子おやこ まき 玉造たまつくり 生命いのち 畸形きけい うず 癇癖かんぺき しわ 目付めつけ 目障めざわ 瞑目めいもく ひとみ ろく 祈祷きとう まれ うかが わらべ すく 第宅ていたく 範囲はんい 簾中れんちゅう 米田よねだ かて あか 経文きょうもん めぐ 繰返くりかえ まと 義昭よしあき 老媼おうな 間近まぢか 質子ちし おもむ 輿入こしい つら 造詣ぞうけい はや やしき むく かも 鉄桶てっとう 高槻たかつき
題名が同じ作品
日本名婦伝:小野寺十内の妻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
日本名婦伝:静御前 (新字新仮名)吉川英治 (著)
日本名婦伝:太閤夫人 (新字新仮名)吉川英治 (著)
日本名婦伝:谷干城夫人 (新字新仮名)吉川英治 (著)
日本名婦伝:大楠公夫人 (新字新仮名)吉川英治 (著)