日本名婦伝にほんめいふでん谷干城夫人たにたてきふじん
白い旋風を巻いて「戦」が翔けてくる。——五十年めの大雪だという雪かぜと共に、薩摩と肥後の国境を越えて。 明治十年の二月だった。 時の明治政府へ、 「具申尋問のため」 と唱うる薩南の健児たちは、神とも信頼している西郷隆盛を擁し、桐野・別府・篠 …
作品に特徴的な語句
しまわ イト ミダ こげ いきか まし 二時フタトキ しず 嬰児あか はじ 嬰児やや 防禦ボウギョ たま 寸毫スンゴウ そら 神符まもり トモ 手籠てかご つつま 彼処あそこ がわ いたわ ひと 跛行ちんば あた おごそ すこ おのの いくさ ささ せい ひる 怪訝いぶか 黄昏たそが 彼奴きゃつ すさま さかん 衝動ショック 枕頭ちんとう かばね 寝床ベッド いら ほま とき さき 谷村たにむら 赤子せきし そと わざわ はずかし なか から 烏丸からすまる 水撒みずま 可憐いじら しか そそ ろう こく きん くち ほろ めい 鼠糞そふん ひるがえ もち 繃帯ほうたい 産衣うぶぎ 与倉よくら ただ 糯米もちごめ 田舎いなか 由緒ゆいしょ 精悍せいかん 粥湯おもゆ かゆ 痩犬やせいぬ 粟粥あわがゆ 白鷺しらさぎ はし またた わけ 瓦礫がれき ざる 産声うぶごえ 突兀とっこつ 立群たちむ 玖満くま 生命いのち
題名が同じ作品
日本名婦伝:小野寺十内の妻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
日本名婦伝:静御前 (新字新仮名)吉川英治 (著)
日本名婦伝:太閤夫人 (新字新仮名)吉川英治 (著)
日本名婦伝:大楠公夫人 (新字新仮名)吉川英治 (著)
日本名婦伝:細川ガラシヤ夫人 (新字新仮名)吉川英治 (著)