“粥湯”の読み方と例文
読み方割合
おもゆ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「鶴子さま。お起きになってはいけませぬ。そのまま。そのままで。……幹子さま、粥湯でおへいれておあげなさい」
日本名婦伝:谷干城夫人 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「……粥湯を召しあがりませんか。お姉さま。谷将軍の奥さまが、粥湯を煮てここへお持ちくださいましたが」
日本名婦伝:谷干城夫人 (新字新仮名) / 吉川英治(著)