“義昭”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
よしあき91.7%
ぎしょう8.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「いや、そうだろう。せっかく信玄が、三方ヶ原までまいりながら、引っ返したと聞いてはな。……義昭の顔が眼に見えるようだ」
新書太閤記:04 第四分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
信長に身を寄せた漂泊の将軍家義昭は、その後、岐阜の城下西の立正寺を宿所と定められて、一行はそこにししていた。
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
脇屋ノ二郎義助以下、大館宗氏、堀口貞満、同行義、岩松経家、里見義胤、江田行義、篠塚伊賀守、瓜生保綿打入道義昭、世良田兵庫助、田中氏政、山名忠家、額田為綱、等、等、等……
私本太平記:08 新田帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
やがて江田行義、篠塚伊賀守、綿打入道義昭らの三隊が、川へ先陣を切ってゆくと、がぜん、対岸から猛烈な弓鳴りがおこった。およそ相手が渡渉して来そうな浅瀬は敵もよく見ていたのである。
私本太平記:08 新田帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)