“綿打”の読み方と例文
読み方割合
わたうち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
義貞の別館(しもやしき)のある反町にも近く、脇屋義助の脇屋ノ里や、そのほか江田、綿打、田中
私本太平記:08 新田帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「ここでの退は敵に気勢を揚げさせるばかり……。そちは馬をとばして、味方の陣頭にある江田行義、世良田兵庫、篠塚伊賀、額田為綱、綿打ノ入道らに、布令まわれ」
私本太平記:12 湊川帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
脇屋ノ二郎義助以下、大館宗氏、堀口貞満、同行義、岩松経家、里見義胤、江田行義、篠塚伊賀守、瓜生保綿打入道義昭、世良田兵庫助、田中氏政、山名忠家、額田為綱、等、等、等……
私本太平記:08 新田帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)