“義母”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はは42.1%
はゝ21.1%
かあ10.5%
おっか10.5%
おつか5.3%
おつかさん5.3%
っか5.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「お父上の立場もあります。親のいいつけでもあります。義母異母妹たちの気持もあります。……こんどはくときめました」
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
夕食の膳には義母の郷里の名産、竹輪がのつてゐた。娘たちがあまり急いで飯をかき込むので、義母は、気を揉みながら
荒天吉日 (新字旧仮名) / 岸田国士(著)
「では、お義母さんには、どなたから話していただきませう? あなたからではまづいでせう? さういふ手はないから……」
荒天吉日 (新字旧仮名) / 岸田国士(著)
伊藤凌潮という軍談読みの妻君になって、おしょさんや、おしょさんの姉さんで、吉原で清元で売った芸者——古帳面屋のお金ちゃんの義母さんや、末の妹の、その時分には死んでしまってたが
⦅さうなつたら、あたし、どこで義母さんにでつくはさうが、間違つても挨拶なんかしてやらないから。どんなに猛らうが狂はうがかまやしない。
同伴者親類義母であつた。此人途中萬事自分世話いて、病人なる自分までけるたのである。
湯ヶ原ゆき (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
こんな風にり殺しにしたらナアとか……お義母さんに猫イラズを
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)