“異母妹”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いもうと50.0%
いぼまい50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「お父上の立場もあります。親のいいつけでもあります。義母異母妹たちの気持もあります。……こんどはくときめました」
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
その頃は娘達の髪はまだ赤かったが、でも異母妹から見ると、麦藁帽子を脱いだお新の方は余程黒かったことを思出した。
(新字新仮名) / 島崎藤村(著)
つまり三千子はあの晩、恋敵の異母妹といい争った末、激情のあまり、ついあんなことをしてしまった。石膏像をなげつけてって相手を殺してしまったのです。
一寸法師 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
身をすりよする異母妹恐怖よりれんとし
東京景物詩及其他 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)