“麦藁”のいろいろな読み方と例文
旧字:麥藁
読み方割合
むぎわら98.0%
ストロー2.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「ピイピイ笛の麦藁ですかえ、……あんな事を。」と、むら雲一重、薄衣の晴れたように、嬉しそうに打微笑む、月の眉の気高さよ。
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
火がなくッたってかい、人間の親方はあんなにたくッてとげとげしているのに、どうしてれた麦藁がこんなに暖かいものだろう。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それで、きっと貴方は、私がんだ檸檬水麦藁から、石鹸玉が飛び出したとでも……。いいえ私は、麦藁を束にして吸うのが習慣なのでございますわ。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
何故なら伸子は、洋橙と云った後で、麦藁を束にして檸檬水む——という言葉を吐いた。当然それには、鐘鳴器に並んでいる鍵盤の列が、その印象に背景をなしていると思われた。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)