“麥藁”の読み方と例文
新字:麦藁
読み方割合
むぎわら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
麥藁には一方のあるのがります。それが出來ましたら、麥藁麥藁けたところへむやうになさい。
ふるさと (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
鐵砲玉麥藁へもれられた。與吉はそれを大事相つては時きながら、おつぎが炊事大人しくしてつてるのであつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
路地の入口に麥藁をつんで、それに火を附けたものらしく、燃え上がるは一時飴屋の甚助の軒先に迫りましたが、番太の吉六が、番手桶の水を持つて來てザツと掛けると