“麥藁帽”の読み方と例文
新字:麦藁帽
読み方割合
むぎわらばう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
旅商人けば、蝙蝠傘張替直しもる。洋裝したちやんのいて、麥藁帽山腹つてると、洋傘婦人く。
飯坂ゆき (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
宗助着流しの麥藁帽つた友達姿めた夏休に、らしい何物かゞへられたがした。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
にもびあり、にもあり麥藁帽けて、彼方此方めば、まじ/\といてゆきばかりの景色自分はずいた。
画の悲み (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)