“麦藁帽子”の読み方と例文
旧字:麥藁帽子
読み方割合
むぎわらぼうし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
自分はこの流れの両側に散点する農家の者を幸福の人々と思った。むろん、この堤の上を麦藁帽子とステッキ一本で散歩する自分たちをも。
武蔵野 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
私はやっと其処に、黄いろい麦藁帽子をかぶった、背の高い、せぎすな、一人の少女が立っているのだということを認めることが出来た。
美しい村 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
余り暑くなると、麦藁帽子って書くような事もある。こうして書くと、よく出来るようである。て明るい処がよい。