“莢豌豆”の読み方と例文
読み方割合
さやえんどう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その時、勝重の母親が昼食のをそこへ運んで来た。莢豌豆里芋なぞの田舎風な手料理が旧家のものらしいに盛られて、半蔵らの前に並んだ。
夜明け前:03 第二部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
秋の大根、初夏の莢豌豆、盛夏の胡瓜、寒中の冬菜。そのどれにもこれにも、幼いときからの味の記念がるのである。故郷の山川草木ほど、なつかしきものはない。
利根川の鮎 (新字新仮名) / 佐藤垢石(著)
胡瓜莢豌豆の類も早作りをして寒の中に出します。此奴も銀の利くもので……」
ぐうたら道中記 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)