“夏袴”の読み方と例文
読み方割合
なつばかま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私の穿いていた藍縞仙台平夏袴は死んだ父親の形見でいかほど胸高めてもとかくずるずると尻下りに引摺って来る。
最上等のの着物と、縫紋の羽織と夏袴と、角帯、長襦袢白足袋、全部そろえて下さいと願ったのだが、中畑さんも当惑の様子であった。とても間に合いません。
帰去来 (新字新仮名) / 太宰治(著)