“種井”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
たねい66.7%
たない33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“種井”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
「ウン起きたか省作、えい加減にして土竜もぐらの芸当はやめろい。今日はな、種井たねいさらうから手伝え。くよくよするない、男らしくもねい」
春の潮 (新字新仮名) epub / 伊藤左千夫(著)
この水の宮離るれば種井たねいかな
俳句の作りよう (新字新仮名) epub / 高浜虚子(著)
普通に「種浸」とか「種かし」とかいうのがそれで、浸す場所によって「種井たない」とも「種池たないけ」とも呼ばれている。
古句を観る (新字新仮名) epub / 柴田宵曲(著)