俳句の作りようはいくのつくりよう
かつてある人の言葉に「虚子の俳話は俗談平話のうちに俳諧の大乗を説くものなり」とあったことは我が意を得た言である。近時は平易にいってすむことを高遠めかしく説くことが流行である。私はそれに与しない。 大徳智識の法話に「仮名法語」なるものがある。 …
作品に特徴的な語句
薔薇バラ 地震ないふ もうで もちい たたかい つかさど 尿しと くみ 一切ひときれ 石蕗つわ こが ぬる 夜半よわ むらが 江州こうしゅう わらわ おとな 甲斐がい 白塔はくとう から 冬籠ふゆごもり すぐ 句切くぎり 籾種もみたね やに てい 荊棘けいきょく 時雨しぐ 病起びょうき 黄口こうこう しゃく しわ まゆ 真田さなだ にら 磐石ばんじゃく 禰宜ねぎ とな 稚児ちご 種井たねい うかが 童舞わらわまい 竿頭かんとう 符牒ふちょう たけのこ 箪笥たんす 範疇はんちゅう ひび ののし むれ おきな ふけ そび すね はらわた 自讃じさん 色鳥いろどり すすき 芥子けし 芭蕉ばしょう しん 草鞋わらじ 荏原えばら 菩提ぼだい 蒼古そうこ 蕭条しょうじょう 薨去こうきょ 藁紙わらがみ 隠棲いんせい 逢着ほうちゃく つい 遜色そんしょく はる 野路のじ 鈍根どんこん 銀杏いちょう 鋳冶ちゅうや 錦絵にしきえ なべ 鎌倉かまくら 闌更らんこう 馳走ちそう ふもと 鶺鴒せきれい あゆ ひげ むくろ 駘蕩たいとう 頓知とんち 雨乞あまごい あられ