“童舞”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
わらわまい100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“童舞”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
関寺小町というのは江州こうしゅう関寺の住僧が七夕の日に稚児ちごたちを連れて、その山陰にいおりを結んでおる小野小町のなれの果をおとない、和歌の問答をし、やがて稚児たちに童舞わらわまいを舞わすと
俳句の作りよう (新字新仮名) / 高浜虚子(著)