“石蕗”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
つわぶき41.7%
つはぶき25.0%
つは16.7%
つわ16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“石蕗”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 漢詩文 日本漢文学25.0%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.6%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
このごろの季節では、蓼、りんどう、コスモス、芒、石蕗つわぶき、等々何でもよい、何でもよさを持っている。
白い花 (新字新仮名) / 種田山頭火(著)
そのそばには極って葉蘭はらん石蕗つわぶきなどを下草したくさにして、南天や紅梅の如き庭木が目隠しの柴垣をうしろにして立っている有様
妾宅 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
いにしへを見つつしぬべと枯葉ちる池のほとりの石蕗つはぶきの花
閉戸閑詠 (新字旧仮名) / 河上肇(著)
くれぐれの家に石蕗つはぶきの黄の花はわれとひととを招ぐに似たり
つゆじも (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
それまでも生き殘つてゐた蟋蟀が、いよ/\その年の最終の歌をうたひ納める時、西の方から吹きつけて來る風が木の葉をちらす。菊よりも早く石蕗つはの花がさき、茶の花が匂ふ………。
虫の声 (旧字旧仮名) / 永井荷風(著)
石蕗つはの花咲き
抒情小曲集:04 抒情小曲集 (新字旧仮名) / 室生犀星(著)
それは彼が石蕗つわの花を眺めたあと鵯鳥ひよどりの声をいた前であった。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
石蕗つわの葉の霜に尿しとする小僧かな 子規
俳句の作りよう (新字新仮名) / 高浜虚子(著)