“鵯鳥”の読み方と例文
読み方割合
ひよどり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しばらくして彼はまた意外な足音を今度は浴槽の外側に聞いた。それは彼が石蕗の花を眺めた鵯鳥の声をいた前であった。彼の想像はすぐ前後の足音を結びつけた。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
百舌鵯鳥、しからずば
晶子詩篇全集 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
ひがむ気短かな鵯鳥
晶子詩篇全集 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)