“霰”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あられ97.4%
みぞれ2.0%
あら0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ばかりじゃない、そのもはや完全に近い今松の上へ、さらにいろいろさまざまの雨や雪やや炭を降らせた、そうして、めた。
寄席 (新字新仮名) / 正岡容(著)
秋の天気工合がよかったせいか、円山の原始林の黄葉がまだ八分どおり残っているのに、朝学校へ出がけに、ぱらぱらとまじりに初雪が降った。
雪三題 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
彼の両のは、へっぴり腰を立てた酔眼の棟梁を殴りつけていた。交互にぱたぱたと、れのように、肉の鳴る音がひびくのだ。何かをいてげっと俯伏せになる酔漢の腰をけとばしていた。
石狩川 (新字新仮名) / 本庄陸男(著)