“みぞれ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
96.2%
2.8%
氷雪0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ばかりじゃない、そのもはや完全に近い今松の上へ、さらにいろいろさまざまの雨や雪やや炭を降らせた、そうして、めた。
寄席 (新字新仮名) / 正岡容(著)
僕は父の火鉢に座って、く黙って居ましたが、時降りかけて居た空が愈々時雨て来たと見え、を打つの音がパラ/\聞えました。父は筆をいて此方に向き
運命論者 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
日あたりのいい停車場の廊下に来て、うずくまっては例の子守女にからかわれている、雪の降る日、氷雪の日、少年は人力車夫の待合に行って焚火にあたることを許される。
駅夫日記 (新字新仮名) / 白柳秀湖(著)