“みぞ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
92.8%
2.6%
溝渠2.6%
針孔0.5%
0.5%
針眼0.5%
0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そうだ、あのとき私は、銀玉に見惚れていた。横に細いのある銀玉だった。ああ、そうすると……あの銀玉に薬が入っていたのだ。
ゴールデン・バット事件 (新字新仮名) / 海野十三(著)
そこで、与八の仕事場が、同時に学校になって行くのも、水いたっての成るが如く、極めて自然なものでありました。
大菩薩峠:40 山科の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
そして家の者らを批判しなくても、自分と彼らとを隔つる溝渠を感じていた。彼は確かにそれを誇張して見ていたであろう。
「おさんは、がわるくなって、とおらないから、ちょっと針孔にとおしておくれ。」と、おっしゃいました。
赤い実 (新字新仮名) / 小川未明(著)
ちくちくと、っていられますうちに、くなってが、針孔からぬけてしまったのです。おさんは、しいくしてにとおそうとなさいました。
赤い実 (新字新仮名) / 小川未明(著)
彼はもう三分間ほど前から針のに糸を通そうとしていたが、それがどうも巧くゆかないので、部屋の暗さに腹をたてたり、しまいには糸にまで当たりちらして
外套 (新字新仮名) / ニコライ・ゴーゴリ(著)
灰色のあなたを針眼
泣菫詩抄 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫(著)
上海るゝ波止場にせり
五百五十句 (新字旧仮名) / 高浜虚子(著)