ゴールデン・バット事件ゴールデン・バットじけん
あの夜更、どうしてあの寂しい裏街を歩いていたのかと訊かれると、私はすこし顔が赭くなるのだ。 兎に角、あれは省線の駅の近所まで出て、円タクを拾うつもりで歩いていたのだった。連れが一人あった。帆村荘六なる男である。——例の素人探偵の帆村氏だった …
作品に特徴的な語句
みつ とう 情婦じょうふ 脆弱かよわ ことな のが まん 性急せいきゅう さいわ たく なさ 美味おいし こまか はず こと すぐ せん 在宅ざいたく それ あきら かさな かえ ころが はら いか やに のち うなず 蒼白そうはく はま ずつ えん いや かか 手帛ハンカチ 夜更よふけ わか たず しら おさ 粉薬こなぐすり 嘆息たんそく 空箱からばこ はさ ひそ 唐突とうとつ つかま 石突いしづ うな 揶揄からか 面喰めんく かかわ 独断どくだん 隣室りんしつ のば 生物せいぶつ がお あお 切口きりぐち 鉢植はちうえ 饒舌じょうぜつ まこと きん 一眄いちべつ みぞ くだ 蝙蝠こうもり 背後うしろ 緋鯉ひごい 煙幕えんまく しか はか 罫線けいせん かか 肢体したい こぼ あふ ただよ 溝板どぶいた 濛々もうもう そび