“独断”のいろいろな読み方と例文
旧字:獨斷
読み方割合
ひとりぎめ33.3%
どくだん26.7%
ドグマ20.0%
ひとりきめ6.7%
ひとりぎ6.7%
ドクダン6.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その間にもまた考えましたことは、こんな独断なことを師匠の留守にして、もしや、師匠が帰って、馬鹿な奴だといってられるか知れない。
「まあいいよ。私も、すこし独断だったけれど、あなたを早く、博士に紹介しておいた方がいいと思ったもんだから、黙って連れていったんだ」
そういう驚くべき独断を吐き捨てて、法水は検事が書き終った覚書を取り上げた。それには、私見を交えない事象の配列のみが、正確に記述されてあった。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
何事もの云ふ事にはで、加之独断の好きな不折氏も、これだけは合点がかなかつた。で、お客の顔さへ見ると、六文字のやうに肩を変な恰好に歪めて
私共で独断めにしただけで、真実の事はまだわかっていないのです。
青バスの女 (新字新仮名) / 辰野九紫(著)
凡隊中患難相救 困厄相護リ 義気 条理相糺 若クハ独断果激 儕輩ヲ成シ 若クハ儕輩相推シ テ他人ノヲ為ス 是ム 可キ所 テ ス勿レ
海援隊約規 (新字旧仮名) / 坂本竜馬(著)