“どぶ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ドブ
語句割合
78.5%
泥溝15.4%
溝渠1.8%
泥渠0.9%
0.4%
下水0.4%
土富0.4%
土深0.4%
土腐0.4%
堀溝0.4%
泥堀0.4%
溝水0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「さあ、はや参ろう。残っておる者は、われらばかりじゃ」といい捨てたまま、小さいを飛び越えて畦道を跡をも見ずに、急いだ。
恩を返す話 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
彼の云うところによると、清水谷から弁慶橋へ通じる泥溝のような細い流の中に、春先になると無数のが生れるのだそうである。
(新字新仮名) / 夏目漱石(著)
カンテラので照らして見ると、下谷辺の溝渠れたように、薄鼠になってだぶだぶしている。その泥水がまた馬鹿に冷たい。指の股が切られるようである。
坑夫 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
つて生長するうちに、泥渠成立する。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
村の衛生係が草鞋ばきの巡査さんと掃溜を見てあるく。其巡査さんの細君が赤痢になったと云う評判が立つ。や太鼓で念仏えてねりあるき、厄病禳いする村もある。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
おはぐろ色した汚水と、其外あらゆる塵芥を残して、先住は出て往った。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
天下の城のの代りに、満蒙露西亜の夕焼雲を横目にんで生れたんだ。下水の親方の隅田川に並んでいるのは糞船ばっかりだろう。那珂川の白砂では博多織を漂白すんだぞ畜生……。
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
武蔵南葛飾綾瀬村大字小谷野字土富耕地
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
同 同 騰波村大字筑波島土腐
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
土佐の片岡健吉という人は、参謀板垣退助の下で、迅衝隊半大隊の司令として、やはり御酒頂戴の一人であるが、大勢いのあまり本営を出るとすぐ堀溝に落ちたと言って
夜明け前:03 第二部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
生憎大風が出て来て、位のを三つ挙げた丈で、小一日暮らし、さて夕刻らうとすると、車は風に吹き飛ばされたと見え、脇の泥堀の中へツてたです。
元日の釣 (新字旧仮名) / 石井研堂(著)
溝水も泡立つ七月の天、およそものその平を得ざれば、なるほど音高き日和下駄響かせて、我からそこを追出しは、とつて十九の血性漢なりし。
誰が罪 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)