恩を返す話おんをかえすはなし
寛永十四年の夏は、九州一円に近年にない旱炎な日が続いた。その上にまた、夏が終りに近づいた頃、来る日も来る日も、西の空に落つる夕日が真紅の色に燃え立って、人心に不安な期待を、植えつけた。 九月に入ると、肥州温泉ヶ嶽が、数日にわたって鳴動した。 …
作品に特徴的な語句
退すざ おそ しょ 微笑えみ 何様なによう 温泉うんぜん こく 友誼よしみ 早使はやづかい つか さる いら 三宝さんぼう とき うま たん だけ どぶ きらめ かいな 雪崩なだ 上巳じょうし 下向げこう 享保きょうほう 介錯かいしゃく 佩刀はいとう つぐな 元和げんな 元朝がんちょう かぶと やいば つの 匕首あいくち 原城はらじょう 参勤さんきん とが 国遠こくおん 城楼じょうろう 寛文かんぶん 封境ほうきょう 居去いざ 屠蘇とそ 川尻かわじり 従容しょうよう 御召おめし 思召おぼしめ 怨念おんねん うら そう はばか 搦手からめて なげう 放打はなしうち 旱炎かんえん 明暮あけくれ 昵懇じっこん 有之これあり 朝夕ちょうせき 朝来ちょうらい よろこ 正辰しょうたつ 殿しんがり 汪洋おうよう 沼池しょうち 法度はっと 流石さすが 火影ほかげ 無為むい 畦道あぜみち 痙攣けいれん こぶ 目貫めぬき 直々じきじき 矢文やぶみ 磊落らいらく とが 篝火かがりび 肥州ひしゅう 肥筑ひちく 脾肉ひにく 自裁じさい 覚書おぼえがき はか しる したた にじ 身上しんしょう 身後しんご いくさ 軽捷けいしょう よろい けぬき