“露西亜”のいろいろな読み方と例文
旧字:露西亞
読み方割合
ロシア83.7%
ロシヤ11.9%
ろしあ2.5%
ろしや1.5%
ルッソ0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
独逸屹度最後の独逸人となるまで戦ふだらう、露西亜人もまた最後の露西亜人となるまで戦ふだらうが、唯英吉利人は——さうさ
露西亜のレニン一派の政府のように極端な無抵抗主義に殉じるの愚を演じない限り、一国だけが単独に撤廃されるものではありません。
何故の出兵か (新字新仮名) / 与謝野晶子(著)
第一 病気の敵 今や我邦露西亜に向って膺懲を起しました。我が海陸軍は連戦連勝の勢いでに北亜の天地を風靡します。
食道楽:冬の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
ところが、あの年は馬鹿にまた猟がなくて、これじゃとてもしようがないからというので、船長始め皆が相談の上、一番度胸をえて露西亜の方へ密猟と出かけたんだ。
深川女房 (新字新仮名) / 小栗風葉(著)
直径が二尺近い盞形をしたもので、外側には露西亜ビザンチン特有の生硬な線で、アイヷソウフスキーの匈奴馴鹿狩の浮彫が施されていた。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)