“露西亞”のいろいろな読み方と例文
新字:露西亜
読み方割合
ロシア70.0%
ロシヤ30.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
尖端けてゐると、、さては別室、こは露西亞て、たゞ病院と、監獄とにのみる、き、な、しい建物
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
こんな話をしたあとで、義雄は朝晝兼帶の食事の代りに、氷峰と共に、露西亞パンを噛じつた。辨當を取る金がなかつたのだ。
泡鳴五部作:03 放浪 (旧字旧仮名) / 岩野泡鳴(著)
をして露西亞はしめたならば、ず十二ではない、三陽氣つても、つてゐたがるでせう。寒氣屈曲つてふでせう。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
四人までしたが、番目にのつそりとはれて露西亞陸軍士官け六阿修羅王れたるやうな力任せに兩腕つて一振ばさんず