外套がいとう
ある省のある局に……しかし何局とはっきり言わないほうがいいだろう。おしなべて官房とか連隊とか事務局とか、一口にいえば、あらゆる役人階級ほど怒りっぽいものはないからである。今日では総じて自分一個が侮辱されても、なんぞやその社会全体が侮辱されで …
作品に特徴的な語句
亭主ひと 木綿めん とむ 強請せが 慣習ならわし ばん 何人なんびと ちな 定法きまり かし みぞ ふせ 角型つのがた いわ 頭布プラトーク 如何いかん 怖気おぞけ 把手とって 機会しお 流行はやり とも 生々いきいき 目下めした 短靴バシマク から 総督パシャ あつ 請合うけあい きびす つど つら かたく 一夕いっせき 不埒ふらち 代物しろもの くだん たたず 凍寒いて 出来しゅったい 半纏はんてん 危殆きたい 口髭くちひげ らち むく 寛衣へやぎ やす 小皺こじわ 御意ぎょい 御覧ごろう 怖気おじけ 憐憫れんびん ほこ いとま 杞憂きゆう つか しら 極道ごくどう そり 沽券こけん 浣熊あらいぐま はて うるし すす ずる 猟虎らっこ 瑣々ささ 甲羅こうら 界隈かいわい 禿 まれ 素振そぶり 素面しらふ 習慣ならわし 耳朶みみたぶ ひじ はら 芥屑ごみくず ふた 街中まちなか 補布つぎ すそ もと てん 貂皮てん つか あか からだ きし 辿たど 追剥おいはぎ