“短靴”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
たんぐつ85.7%
バシマク14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
……いかにもおれの親父はどん百姓だったが、おれはというと、この通り白いチョッキを着て、茶色い短靴たんぐつなんかはいている。
桜の園 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
『それは長靴ながぐつにもなれば短靴たんぐつにもなる』とグリフォンがすこぶおごそかにこたへました。
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
赤いショールを掛けて素足すあし短靴たんぐつをはいた特殊な婦人がまるで蝙蝠のように辻々つじつじを素早く走り廻っているようなまちではどこでもこの時刻にはつきものの
妖精の国の女王様から、薔薇色をした短靴たんぐつが幾ダースも幾ダースも、註文がありました。
虹猫と木精 (新字旧仮名) / 宮原晃一郎(著)
尋常にぬげばすぐぬげる短靴たんぐつが、ちよつと脱ぎ悪くさうにも見えた。
夜烏 (新字旧仮名) / 平出修(著)
この名前そのものから、それが短靴バシマクに由来するものであることは明らかであるが、しかしいつ、いかなる時代に、どんなふうにして、その姓が短靴バシマクという言葉から出たものか——それは皆目わからない。
外套 (新字新仮名) / ニコライ・ゴーゴリ(著)