“芥屑”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ごみくず75.0%
ごみくづ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
燻炭くんたん肥料ひりょうと云う事が一時はやって、芥屑ごみくず燻焼くんしょうする為に、大きな深い穴が此処其処に掘られた。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
おまけに彼は街を歩くのに、ちょうど窓先からいろんな芥屑ごみくずを投げすてる時をみはからって、その下を通るという妙なくせがあった。
外套 (新字新仮名) / ニコライ・ゴーゴリ(著)
ところで、くだんの、踊りの出来なかつた場所ところには垣根を𢌞らして、そこへは何でも不用の物や、瓜畑から掻き出した雑草や芥屑ごみくづなどを捨てさせたもので。