“ごみくず”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
塵屑37.5%
芥屑37.5%
五味屑12.5%
塵埃屑12.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かったものであろうが、血餅が分解して土間に吸い込まれるし、盛上った灰が又、湿気のためにピシャンコになっているので、その下に在った塵屑の形を、浮彫みたいに浮き出させている。
山羊髯編輯長 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
そして、漫々とえた水が、ゆるく蒼空を映して下流の方へ移るともなく移って行く。軽く浮く芥屑は流れの足が速く、沈み勝ちな汚物をるようにして追い抜いていく。
河明り (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
広い生々した世界の中から狭苦しい五味屑のような自分の世界を区切ってきて後生大事に縋りついて
小さな部屋 (新字新仮名) / 坂口安吾(著)
仮装の連中も観客の一人の影さえ、もう其処には見られなかった。ただ、一面に日の照らしが白く明るく、板と板との継ぎ目の塵埃屑のにじみさえが光り耀いていた。
フレップ・トリップ (新字新仮名) / 北原白秋(著)