小さな部屋ちいさなへや
「扨て一人の男が浜で死んだ。ところで同じ時刻には一人の男が街角を曲っていた」—— という、これに似通った流行唄の文句があるのだが、韮山痴川は、白昼現にあの街角この街角を曲っているに相違ない薄気味の悪い奴を時々考えてみると厭な気がした。自分も …
作品に特徴的な語句
よそ 逆上ぎゃくじょう しゃっく つめ ともな とら 饒舌じょうぜつ うるさ 顰面しかめっつら たく しか にわ ゼロ ほと 最中さいちゅう ほとば 周章あわて しゃが うた 故意こい 嘔吐へど かつ かじ 相憐あいあわ ふさが こび 捩伏ねじふ つい こう すで しま あわただ 往来おうらい かげ すべ おぼ ようや うる つぶ よど 濶歩かっぽ わずら 煩悶はんもん さわ 爽快そうかい 物々ものもの 狼狽ろうばい もてあそ いしだたみ はなは 生憎あいにく 用箋ようせん 畏怖いふ 畜生ちくしょう 畢竟ひっきょう 痙攣けいれん 癇癪かんしゃく 相好そうごう 相客あいきゃく 眩暈めまい まぶた やつ うかが 立腹りっぷく はず 筋合すじあい まぎ から すべ ゆる すが 縹渺ひょうびょう つくろ ののし 羞恥しゅうち 耳朶みみたぶ ふけ 遁走とんそう もや こぼ 際立きわだ くま おちい 閨秀けいしゅう もが 蹂躙じゅうりん やが
題名が同じ作品
小さな部屋 (新字旧仮名)坂口安吾 (著)