“なん”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ナン
語句割合
83.0%
7.5%
1.4%
1.1%
1.1%
0.8%
0.3%
0.3%
何事0.3%
何品0.3%
如何0.3%
0.3%
批難0.3%
0.3%
0.2%
0.2%
0.2%
何病0.2%
何等0.2%
何者0.2%
南無0.2%
0.2%
失礼0.2%
0.2%
0.2%
甚麼0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
然れどもに交合は必然に産児を伴ふ以上、男子には冒険でもでもなけれど、女人には常に生死をする冒険たるをれざるべし。
娼婦美と冒険 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
と、たちどころに、御座をめぐる人々の間から、ここを不安とする説が出た。余りに、山奥すぎて、糧道のすらあるというのである。
私本太平記:04 帝獄帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ぎて居たりしが彼浪人め一文貰の身分にて二三日の中に十三兩と云金子の出來樣なし融通せし金なりと云ともぞ袖乞に十兩からの金子を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
そして云うまでもなくこの子供部の中に朝鮮の子供でもいたならば、私は強いてでも自分をと呼ぶように主張したであろうと自ら弁明もしていた。
光の中に (新字新仮名) / 金史良(著)
坪太郎と名づけ、鍾愛此上無かりしが、此男子、生得商売の道を好まず、き時より宇治黄檗の道人、隠元禅師に参じて学才人に超えたり。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
(ヨゼツフは童貞女の夫にして耶蘇の義父なり。)ぞ薔薇を摘まざる、その凋落せざるひまに。
云聞せければ十兵衞は又間違の品が出たかとて家主同道にて下谷の自身番へ來りしかば早速呼出し原田は十兵衞に向ひ去月中ぢが宿にて此治助が脇差を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
「君のとこぼとれた。」——健は冷たく、別なことを云った。
不在地主 (新字新仮名) / 小林多喜二(著)
そんなにして自家に独りでいても何事にも手に付かないし、そうかと言って出歩いても心は少しも落着かない。それで、またしても自動電話に入ってお宮の処に電話を掛けて見る。
別れたる妻に送る手紙 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
其処の角には勧工場と云つて何品でも売る所があるし、右へ行くと三丁目の電車、左へ行くと赤門の前——赤門といへば大学のてすよ、それ、日本一の学校、名前位は聞いた事があるんでせうさ。
天鵞絨 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
如何となれば尊王論の本尊といわるるの高山彦九郎、蒲生君平の如きは、『太平記』を読んで感奮したというのでありますが、『太平記』は戦乱時代、乱離動揺常なき時代の記事であるから
流れ行く歴史の動力 (新字新仮名) / 津田左右吉(著)
武器などのべき
鬼桃太郎 (旧字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
見るに足らぬと其方で思はば汝が手筋も知れてある、大方高の知れた塔建たぬ前から眼につて気の毒ながら批難もある、既堪忍の緒も断れたり、卑劣返報は為まいなれど源太が烈しい意趣返報は
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
八五郎のがい顎はこの辺までよく売れております。
るに奸臣斉泰黄子澄、禍心を包蔵し、の五弟、数年ならずして、並びに削奪せられぬ、むべし、闔室みずからく、聖仁に在り、に忍ばん。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
説をす、人必ず予の過情を疑わんも、後二十余年にしてに其の知言にして、に許す者のざるを信ずべき也。りとも予の生に許すところの者、ぞ独り文のみならんやと。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
殺せしやりと言へば恩知らず仕方なりサア尋常白状されよと云ひければ段右衞門輾々打笑ぢ女の分際として何をべきや三五郎を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
十分に遣過の方より物をも云ず切掛しに三五郎も豪氣なれば飛退さまに拔合せ汝れ重四郎めぢや惡事を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
「だから誰もそうはならないとは申しませんよ。そりゃお前さんの勝手だから、教師になと車夫になと何になとおなさるが宜いのサ」
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
お勢が笑らいながら「そんなに真面目におなさるとこうるからいい」とくすぐりに懸ッたその手頭を払らい除けて文三が熱気となり
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
「衰弱を感じますか。寝汗はどうです……朝、明け方にはげしい咳が出るようなことがありませんか……御両親はお達者ですか。うむ、何病でお亡くなりでしたかね……」
誤診 (新字新仮名) / モーリス・ルヴェル(著)
見ると、何等の記憶に苦むということも無いような顔付をして、乳呑児の頭の方へ無心に母らしい手を延ばしながら、静かに横に成っていた。三吉は燭台を妻の寝顔に寄せた。
家:02 (下) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
「あれは何者だ?」
贋物 (新字新仮名) / 葛西善蔵(著)
「経文を唱えて下せえ、入って来たわ、南無まいだ、なんまいだ。」
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
わたしの後継者ら——と喃と語らっている復讐的の姿を、愉快な心持ちでひと目見たいと思って探し求めた。
こう申しちゃ失礼ですが、わしらの暮らしは、とんと蜘蛛みたようで、——日の目もろくろく拝めませんですよ。一張羅のお仕著せだって、鼠公に食われる始末で。
国歩艱難にして策らず、身を忘れ野芹の誠を献ず。才く万事人望にい、徳薄く多年世情にく。皎月の門前にか石を折り、芳梅の籬外を斬る。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
ゐん 空言を用ゐるを。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
るに奸臣斉泰黄子澄、禍心を包蔵し、の五弟、数年ならずして、並びに削奪せられぬ、むべし、闔室みずからく、聖仁に在り、に忍ばん。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
ただそれ識見は如何深く人事の細微に通じ広く世間の状勢を知り人心の転化を究め性情の奥秘を悟るに非ればぞ以て時世遠く隔り状況遥に異れる史上の真相を観破し得んや。
史論の流行 (新字旧仮名) / 津田左右吉(著)
の徳 らん。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
郢人那得苦追尋 郢人追尋するを得ん(『景徳伝燈録』巻七大梅法常章)
僧堂教育論 (新字新仮名) / 鈴木大拙(著)