“いず”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:イズ
語句割合
54.7%
23.4%
伊豆11.5%
7.8%
0.5%
0.5%
何許0.3%
0.3%
居据0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
センティメンタリズム、リアリズム、ロマンティシズム——この三つのイズムは、そのれかをく人の資質によって決定せられる。
惜みなく愛は奪う (新字新仮名) / 有島武郎(著)
山中には三水と唱える金性水竜毛水白毛水の清泉が湧き、五つの瀑布と八つの丘嶽とまた八つの渓谷とがあって、れも奇観だ。
本州横断 癇癪徒歩旅行 (新字新仮名) / 押川春浪(著)
伊豆地震の時に各地で目撃された「地震の光」の実例でも、一方から他方へ光が流れたというような記録がかなりたくさんにあったが
人魂の一つの場合 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
彼女の若き日のれは、未来の外交官たる直也の妻として、遠く海外の社交界に、日本婦人の華として、咲きることではなかったか。
真珠夫人 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
うして天下の人、まさに安然として計を得たりと為す。神州の地に生れ、皇朝の恩をり、内は君臣の義を失い、外は華夷の弁をれば、学の学たる所以、人の人たる所以、それくにりや。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
この時においての智勇弁力の徒、くに在るかな。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
弥沙塞五分律』八に、〈仏、舎衛城に在り、云々。時に一の年少の婦人の夫を喪う有りて、これなるいをす。我今まさに何許くかに更に良き対を求めるべし、云々。
れにしても美男子と云わるゝ男には非ず、美男子を遙か離れ、強き疱痘ありて顔の形痛く損し其高きに過ぎ其鼻長きに過るなどは余ほど羊に近寄りたる者とも云う可し
血の文字 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
……彼奴は吾輩が昨夜からここに居据わりで居る事を、今朝本館の玄関を這入ると同時に見貫いていたに違いない。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
真実叔父を気の毒と思う様子で「イヤお騒がせ申して誠に済みません、れお詫びには出ますから」と云うて立ち去ろうとする
幽霊塔 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
その本職即ちるのみ、余の言ふところの意はこれに異なり、夏の休暇は、衆庶に与へられたる安息日なり、飽食と甘睡とを以て、空耗すべきにあらず、くんぞ自然の大堂に詣でて
山を讃する文 (新字旧仮名) / 小島烏水(著)
池をひとめぐりすると、私は公園の西のれのいぬしでの木立のある丘にゆき、そこにあるベンチに腰かけて休み、メリーの首輪から鎖をはずしてやる。
犬の生活 (新字新仮名) / 小山清(著)