“何許”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いず50.0%
なにがし50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
弥沙塞五分律』八に、〈仏、舎衛城に在り、云々。時に一の年少の婦人の夫を喪う有りて、これなるいをす。我今まさに何許くかに更に良き対を求めるべし、云々。
「切支丹へ入らう、さうすれば何許かの金になるさうだから。」