“如何許”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
いかばか66.7%
いかばかり33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“如何許”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
一個の文化の民として、罪を犯し乍ら其の罰を受けないと云うのは、如何許いかばかり苦しい事でありましょうか?——。
陳情書 (新字新仮名) / 西尾正(著)
知るも知らぬも羨まぬはなきに、父なる卿の眼前にこれを見て如何許いかばかり嬉しく思い給ふらんと、人々上座の方を打ち見やれば、入道相國のも喜ばしげなる笑顏ゑがほ引換ひきかへて、小松殿は差しうつぶきて人におもてを見らるゝをものうげに見え給ふぞいぶかしき。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
いはんや扶桑第一の好風に遊びて、一句をさずして帰りし事、如何許いかばかりの恥辱にてやありけむ。
松島に於て芭蕉翁を読む (新字旧仮名) / 北村透谷(著)