“いかばかり”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
如何許25.0%
幾何25.0%
幾計25.0%
幾許25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いはんや扶桑第一の好風に遊びて、一句をさずして帰りし事、如何許いかばかりの恥辱にてやありけむ。
松島に於て芭蕉翁を読む (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
ふ可くんば、宮はおのれが美しさの幾何いかばかり値するかを当然に知れるなり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
計らずもその夢寐むびに忘れざる姿を見たりし彼が思は幾計いかばかりなりけんよ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
大いなるダイアモンドか、幾許いかばかり大いなるダイアモンドも、宮は人の心の最も小き誠に値せざるを既に知りぬ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
むなしくその手をいだきて泣かんが為にきたれる宮が悔は、幾許いかばかり大いなる者ならん。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)