“きか”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:キカ
語句割合
麾下25.9%
15.9%
着換8.8%
着更8.4%
幾何6.8%
旗下6.4%
奇禍4.4%
4.0%
貴下3.2%
2.4%
奇貨2.4%
着替2.4%
2.4%
帰化1.2%
帰家1.2%
皈家0.8%
着易0.4%
0.4%
季夏0.4%
季騧0.4%
机下0.4%
著換0.4%
著更0.4%
衣更0.4%
被換0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
の両人相親しむ時は余らは皆その麾下に属してさまざまなる悪戯をして戯れしが両人仲違ひしたる時は余らもまた仲間割れをせり。
二葉亭四迷の一生 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
マーキュ ぢゃ、調子せて? 吾等樂人扱ひにするのか? 樂人扱ひにりゃ、顛覆らする音樂す。準備せい。
温泉かうとして、菊屋廣袖着換へるにけても、途中胴震ひのまらなかつたまで、なからずかされたのである。
魔法罎 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
二人とも浴衣着更へ、前後してい風呂へ入つた。小池は浴衣の上から帶の代りに、お光の伊達卷きをグル/\卷いてゐた。
東光院 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
甲野さんはの椅子に、故の通りに腰を掛けて、故のごとくに幾何模様を図案している。丸にはとくに出来上った。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
信長の出発に際して之を危んだ旗下の諸将多く、家康も必勝を期せず、子信康を岡崎に還らしめんとした位である。
長篠合戦 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
そういう風説のある中に余りこの国について日本に紹介しようとして調べた事がかえって奇禍を買うような事になってはらぬ。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
如何にして造化の秘蔵に進み、粋美をにすることを得む、如何にして俗韻を脱し、高邁なる逸興を楽むを得む。請ふ、共に無言なる蕉翁にむ。
松島に於て芭蕉翁を読む (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
海底戰鬪艇成敗一身へる貴下身命は、吾等身命して、幾十倍日本帝國愛惜すべきものなり。
やき大勢ながら餘り目はしの奴等だ兄と云ば某しが弟にひなし何故早く然樣云ないなどと無理ばかり云中に長兵衞長八の兩人は足を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
級長の立花君は特待生という都合上、自分一人い子になりたがって、これを奇貨とする傾向がある。
凡人伝 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
わたしは爺やに、自分で着替えをして寝るからいい、と言って——蝋燭を吹き消した。だがわたしは、着替えもしなければ、横になりもしなかった。
はつ恋 (新字新仮名) / イワン・ツルゲーネフ(著)
うしてもうと決心してるのだからそれは折角だけれどれないよとふに、つめて、おさん後生だから此肩しておくんなさい。
わかれ道 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
と星野さんは京都に帰化したと言っている丈けに頗る西京贔負だ。
ぐうたら道中記 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
決心までいのをて、両親無下帰家をすすめることもできず、そのまましく引取ってわれました。
文墨雅人も多しときゝしが、旅中するに皈家しゆゑ剌を入れざりしは今に遺憾とす。
人間到る処でりの悪い想いする、と腹を据えて奥へ行って見ると、もう帰った人は和服に着易えて、曾て雪江さんの阿母さんが占領していた厚蒲団に坐っている。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
今にも屹度来るに違いない、来たら……と其事ばかりを考えながら、急いで寝衣着易えて床へ入ろうとして、ふと机の上を見ると、手紙が載せてある。手に取って見ると、国からの手紙だ。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
螻蟻の一念は天へもずとの俚諺なるかな大岡殿此度幸手宿三五郎の申立をれ武州鎌倉屋金兵衞方へ差紙
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
贔屓になし今日も忍びにて語りんと參られけるが此人より土産として金千三味線彈の友次郎へも金五百又政太夫の女房へは縞縮緬一疋を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
夏初ではなくて季夏の初であつただらう。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
伯達伯适仲突仲忽叔夜叔夏季随季騧がそれである。
現代訳論語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
『そして僕が狐でないと誰が言いましたか。』十、不看双眼色不語似無愁——いい句だ。では元気で、僕のことを宣伝して呉れと筆をとること右の如し。林彪太郎。太宰治様机下
虚構の春 (新字新仮名) / 太宰治(著)
自分に会うために、着物を著換えたのだろうと思ったことなど、たいへんなうぬぼれだった。
貞操問答 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
(白衣に著更え、金剛杖をつく。)サア君行こう。富士山の路は非常に険だと聞いたが、こんなものなら訳はないヨ。オヤ君はに写生していたのか。もう四、五枚出来てる?、それはえらいネー。
初夢 (新字新仮名) / 正岡子規(著)
九月と云えば、暗いのも、いのも、そこいら、……御神燈に、なり、おなり単衣衣更える。……しょぼしょぼ雨で涼しかったが葉月の声を聞く前だった。
第二菎蒻本 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
おしずも、いちばんいい着物被換えて、お小使をもらって、ちゃんをつれて、ました。けれど、彼女ばかりは、こんなときに、かえって、なんとなくさびしそうでありました。
愛は不思議なもの (新字新仮名) / 小川未明(著)